JUNgem

ARTIST からEARTISTへ
ライフワーク「EART」を求めて発展途上
パフォーマーJUNの公式ブログサイト
<< 復活! JUN2005年パフォーマンス | main | 東京で1/23「未 塾」緊急WS決定することになったよ! >>
スポンサーサイト
0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    | - | | - | - |
    Don't Think .Feel !
    0
      今日はいよいよブルースリーナイト
      僕の2005年の本格的ケガ復活ライブ第1段。
      題して「Don't Think .Feel !&サウンド(倍音ヌンチャク体験イベント」うー、かなり濃い!

      場所は荻窪のMUSEUM TOKYO。
      ふだんはYOGAセンターらしく、落ち着いた最高の雰囲気。
      僕が次にデザインするとしたら・・・と、思っていた場所のイメージにピッタリでデジャブーのようだった。

      出演者はかなり濃い。関根さんは和光大学の先生。古武道嗜む民族学者。かれはヌンチャクワークショップをする。
      世界の民族楽器を研究し作るだけでなく、オリジナル楽器を作ったり、手裏剣やナイフを作ったり、縄文を研究したり、かなりマニアックな人。(リハの待機中に琉球古武道の型をしていた。コワ!)
      福島のロックバンドBlue3はブルース1からブルース2、ブルース3の3人メンバー。今回はドラマーが腰痛のため欠場!助っ人で、ななんと「G.O.D/死亡遊戯」の音楽プロデューサー遠藤知博氏が太鼓をたたく!シブッ!!
      遠藤氏といえば、あの名曲BRUCE LEE THE ME...G.O.DのラストNG集とジャバー戦にながれる名曲の作曲者ではないか!
      彼はG.O.Dのジョンバリー以外の全曲を作曲した人。あのマイクレメディオスを招いたり、ノラミャオを日本に招いたりしたすごい人なのだ。フカスギル!

      今回、僕はブルースリーナイトという事で、サウンドヌンチャクや道具をもって使ってのダンスパフォーマンスをしてほしいという事だった。モエルゾ!アチョー!


      サウンドヌンチャクの構造
      響き穴があり初心者でもピヨンピヨンと音がなる。
      やってみたが実践的な本気振りでは、あまりならなかった。
      早速サウンドヌンチャクに初挑戦!
      ヌンチャク自体何年かぶりだ。
      オオ!結構回る。
      しかし軽量に作られたサウンドヌンチャクは木製と違い。
      それ自体の重みで勝手には回ってくれない。
      微妙に手首を使わないといけない。
      慣れが必要!

      もう一つの身体楽器(パフォーマンスに使える楽器を僕はそう呼ぶ、一般にはナリモノなどと呼ぶ)は、ゴムを張って振るだけで倍音がでるナブーン。
      沖縄人が開発した。これは剣のように使って見よう。
      やってみると信じられないでかい音がなる。
      ブーン!スターウォーズの剣の音そのまま。
      ゆっくり振ってもブーン!やっぱりスターウォーズ!

      これらを使って即興演奏と即興ダンスで空間をデザインしていくのだ。

      演奏はのろしのメンバー寺仁とナゴシ。モジョライジングの横山氏、ジャンベ太鼓の大輔、ディジュのマサ。超豪華メンバー。

      どう造っていこうかコノ空間?
      やいごたえあり!
      自分の中で、「タイムスリップするような時空感覚」をテーマに踊ることに...

      ところが、練習中。ヌンチャクをぶつけて額を割ってしまう。ドジー!
      傷口は小さいが、結構深くなかなか止血しない。
      本番前にピンチ!
      あせっても仕方ないので淡々と作業!
      リハが始まる。とはいっても即興なので、
      出るきっかけぐらいで決める事はない。後はどれだけ入り込めるか勝負!カメラのセットをして少し動いて見るかあ・・・
      ところが!リハ中にもうお客さんが入ってきて大急ぎで片付け。
      バタバタだ!
      更衣室は? ないらしい。しかたなく便所で着替える。

      着替えたら、ピアノの裏で待機。精神集中!
      演奏が始まり・・・後は覚えていない。
      30分あまりやっただろうか全力を出し切った。最後は燃え尽きてぶっ倒れた所で終わった。

      いろんな意味でよかった。
      次回、あなたの踊りはどこで見られるのか?とか、また僕を呼びたいけどどうしたらいい?とか、何人かの人に声をかけてもらった。
      うれしかった!
      切れかけたアキレス腱は聞き分けよく前日までの悲鳴をこらえて、最後まで黙っていてくれた。
      額の傷は、最後まで開かず収まってくれた。

      多くのお世話になった人に支えられて、復活公演は無事終わる。
      みんな本当にありがとう!

      その夜はモジョの横山の新居で、たっぷりブルースリー哲学と
      今後のブルースリームーブメントについて大いに語り合った事はないいうまでもない!

      Don't Think .Feel !



      | パフォーマンス | 23:29 | comments(5) | trackbacks(0) |
      スポンサーサイト
      0
        | - | 23:29 | - | - |
        コメント
        やあまん!ブルースリーナイトで、ディジュリドゥー演奏しましたマサです。あの時はどうもありがとう。純さんの魂に心打たれおおきな感動を受けました。お互いこの先、日々精進していきましょう。本当にありがとうございました。感謝。
        | マサ | 2005/01/27 4:52 PM |
        ありがとう!
        まさ!
        僕も感謝、感謝です。

        また、こんど会ったとき、
        大いに暴れましょうぞ!
        | JUN | 2005/02/01 1:39 PM |
        JUNさんへ。私は沖縄で風の楽器「ナブーン」をつくっているものです。JUNさんが舞台で使っていただいていると知って驚きました。いろいろ調べてみるとJUNさんてすごいことをしている芸術家ではありませんか。びっくり嬉しい限りです。でも、どこでナブーンを手に入れたのか、実際にゴム弦の張り方等うまくいっているのか、とても気になっています。もしこのコメントをご覧になりましたら、連絡、感想等をいただけませんでしょうか?
        | ミスターナブーン | 2005/03/06 2:21 PM |
        ナブーンさん
        本当にすごい楽器ありがとうございました。

        以前から僕はダンサーからでる音で演奏に参加できないかと
        いろいろ実験していました。

        今回ひょんな事からモジョライジングの横山さんから貸していただいて
        舞台で使って見ました。
        効果は抜群ですね。
        その意味で理想的な楽器だと思います。

        僕はゆっくり動かした時のあのスターウォーズの剣のような音が大好きです。

        舞台では2本使って踊ってみたのですが、
        実は地面に先端をぶつけてひとつ壊してしまいました。(ごめんなさい!!)

        ダンスに使う場合はやはり、丈夫なほうがいいですねえ。
        テニスラケットみたいな素材なら完璧?
        ひとつの踊りのジャンルが作れると思いました。(ヨサコイの鳴子みたいに!)
        いかがなもんでしょう?

        僕は踊りと武術と音楽は太古ひとつのジャンルだったという説を採っているので、
        それを実現できる楽器だと思います。
        本当にありがとうございました。
        機会がありましたら是非又使わせてください!!
        | JUN | 2005/03/28 4:11 AM |
        こんにちは
        人形劇で風の音の効果音を探しています。
        ナブーン購入することできますでしょうか?
        | ユキ | 2008/10/27 7:50 AM |
        コメントする









        この記事のトラックバックURL
        http://junjugem.jugem.jp/trackback/57
        トラックバック
        CALENDAR
        S M T W T F S
             12
        3456789
        10111213141516
        17181920212223
        24252627282930
        << September 2017 >>
        PR
        SELECTED ENTRIES
        CATEGORIES
        ARCHIVES
        RECENT COMMENT
        RECENT TRACKBACK
        Twitter
        facebook like box
        モバイル
        qrcode
        LINKS
        PROFILE