JUNgem

ARTIST からEARTISTへ
ライフワーク「EART」を求めて発展途上
パフォーマーJUNの公式ブログサイト
<< 新聞紙とじゅうたん | main | 今日は殺陣教室、芸能の世界は厳しい!! >>
スポンサーサイト
0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    | - | | - | - |
    ミナミ芸術祭と自主映画
    0
      吉川丹波
      今日はミナミ芸術祭に行ってきた。
      いつもの騒々しいアメ村は僕の生まれ育った町だ。
      40年ほどまえから、心斎橋でブティックが出来ない人と
      難波で飲食店ができない人が、その中間の場所に若者の町を作ったと先輩に聞いた。

      それがアメリカ村と呼ばれるようになったらしい。
      僕が子供の頃は殆ど古着が中心で、皆趣味に走った想い想いの手作りの店が多かった。
      僕は彼らにファッションの知識を学んだ。
      古着のよしあし。ビンテージものの見方etc…。

      しかし、今は古着屋を見つけるほうが難しい。
      ほどんどが売れ筋をうる量産店ばかり。
      どんなど派手でも皆同じ格好をしている。
      自分の主張ではなく、明らかにファッション誌の影響だろう。

      景観も変わった。
      今ではビックステップが小学校だったとは信じられない。
      あれができてからガラッと町の雰囲気が変わった。
      (三角公園なんか本当にブランコや滑り台がある児童公園だった…ゴミだらけだったけど…)

      大資本が入ってきて、ブランド物をうり、個性と古着の知識ではなく、
      在庫と倉庫の大きなショップが勝つ町になった。

      ミナミ芸術祭はそんなアメ村を含め堀江や心斎橋、難波あたりまで含めた
      大きな範囲で行われている。しかし…あまり盛り上がっているようには見えなかった。町全体で認知されているとは思えない。
      局所局所では人が集まっているが、それはいつもとさほど変わらない。
      宣伝不足が原因だろう。町全体で取り組んでいる感はない…。

      さてさて、今日のお目当ては、吉川監督のGood Morning Good Days の上映を見ることだ。(僕もチンピラ役で出演してる)


      場所は雑居ビルの梯子のような急階段を上った3階にある複眼ギャラリーである。

      狭い会場のせいもあるが、超満員。座るところもないぐらい。
      イベントは「映像CAFE」という自主映画上映会だ。月一回やってるらしい。

      イベントが終わると、助監の丹波も駆けつけてくれた。
      その後3人で次回作の悪巧み…。

      吉川監督のGood Morning Good Daysは、天影公司(ten-ei con-su)という映像支援クループの協力で作られた映画だ。

      CAFEである天人はあらゆるジャンルのアーティストが溜まっている。
      映画という総合芸術は皆が絡める、ある意味、皆の宣伝材料として自主映画をつくろうというのだ。そして有志があつまり天影公司(ten-ei con-su)は生まれた。


      3人が向かった先は、たこたこハウス。たこ焼きつまみながら一杯やれる小さな店、そこで脚本を読ませてもらう。
      今回はロードムービーらしい。
      内容は詳しくまだ明かせないけど、一言だけ、地平線を探しにいく話。

      実はこの企画、東京で頑張っている浩志へのエールを込めた作品。
      浩志はGood Morning Good Daysの主演で脚本家。この映画の撮影の後、「ロボコン」や「まぶだち」の古厩智之監督の下、脚本の勉強のため、会社をやめて、彼の学校に旅立っていったのだ。

      そして今、卒業制作の準備中。脚本クラス全員で映画をとれるのは一人、俳優クラスなどなど含め、皆の投票で最優秀脚本を映画化する。
      これも内容は秘密だけど「あわびを海に返しに行く話」らしい。

      なんと彼はその最優秀脚本家に選ばれたのだ。
      あの、めったに褒めない古厩智之監督に「イイネ。」
      と褒められたんだって!スゴイ!

      そうと聞いては、こちらも、黙ってはいられん!丹波君と、ヨッシー事、吉川監督は立ち上がったというわけだ。

      僕の役割は、制作とキャスティング。
      監督のイメージを聞いて、役者や音楽担当のバンド、歌手を
      リストアップするその中から、監督が決定していく。

      毎週金曜日の夜は、なんとなく映画ずきな人が天人に集まる日。

      その時までに、今日3人で行った脚本検討会の内容をつめて、最終稿をヨッシーが書き直してくる。

      僕は音楽と役者をリストアップしていく。

      題名もまだないこの作品、ヨッシーは自主映画の域を一歩でた作品にしたいとか…。

      僕もサポート頑張ります!

      あっ興味ある人是非連絡ください!一緒にやしませんか?



      バマー

      AManTo天然芸術研究所
      | 自主映画 | 06:00 | comments(4) | trackbacks(0) |
      スポンサーサイト
      0
        | - | 06:00 | - | - |
        コメント
        ちは!私も学生時代友達と映画撮ってました!映画研究部でした。知名度低いけど京都国際学生映画祭ってのがあってスタッフやってたんですが、なかなか貴重な作品が見れますよ。阪本順治さんが学生時代に室井滋を主演で撮ったやつとか。みんなで映画作るのっていいですねえ。
        | とも | 2004/11/07 10:58 PM |
        ちわ、ともさん!
        阪本順治に室井滋!
        むーん見てみてたい!

        ともさんのも見てみたいです。
        どんなのとってたの?
        今は見れないんですか?

        来年1月から天人という店で
        28日ごとに自主映画上映会してるので、
        是非、上映しましゅうよ!
        | JUN | 2004/11/08 1:36 AM |
        ドキュメンタリー映画の制作を手伝った事がありまーす。
        上映会の企画をたてたり、監督とワイワイ騒いでました。
        制作事務所が遠方に移転したので
        わたしは手をひきましたけどね。

        今日の日記をみて、手伝ってた当事を
        懐かしく思い出しました。
        頑張ってください。応援してます。
        | ゆかりん | 2004/11/08 11:15 AM |
        ゆかりん、ありがとう!

        きっといい映画ができると思います。
        自主映画って、
        昔まで商業映画って
        どこまでも平行線のものだった。
        でも今は機材の発達や、業界の体質が変ってきて
        ナニがプロで何がアマかわからなくなってきたと思わない?

        そして言葉の意味も変ってきてプロ、アマじゃなくて、プロでもアマでも自主的に自前で資金調達してで撮る映画を自主映画と呼ぶようになってきてる…。

        そんな意味でも本気でいいものを作りたい。
        でもホント映画って沢山の人の思いが結集してやっと完成する
        ものだよね!

        ちなみにゆかりんの参加した映画って、なんて映画?よかったら…。
        | JUN | 2004/11/09 6:14 PM |
        コメントする









        この記事のトラックバックURL
        http://junjugem.jugem.jp/trackback/46
        トラックバック
        CALENDAR
        S M T W T F S
           1234
        567891011
        12131415161718
        19202122232425
        262728293031 
        << March 2017 >>
        PR
        SELECTED ENTRIES
        CATEGORIES
        ARCHIVES
        RECENT COMMENT
        RECENT TRACKBACK
        Twitter
        facebook like box
        モバイル
        qrcode
        LINKS
        PROFILE