JUNgem

ARTIST からEARTISTへ
ライフワーク「EART」を求めて発展途上
パフォーマーJUNの公式ブログサイト
<< 天人13周年! | main | やってみればわかるイメージを使わない動き例<積足蹲踞> >>
スポンサーサイト
0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    | - | | - | - |
    1000年の桜…桜は偉い。
    0



      丹波に、あと9年で1000年を迎える桜の木があるという噂を聞いた…ソメイヨシノなら多くは寿命は60年ほど、山桜なら数百年の巨木もあるが…その場所は、日本最古の厄払いの社、柏原八幡神宮だという。
      その千年祭で(2015年4月3日)に、その桜の木の下で踊ります。

      普段は立ち入りできない場所にある桜なんだそうなんだけど、僕はその桜の下で9年間毎年踊らせてほしいと思った。

      恩師大重潤一郎監督が、桜の見ながら僕にしみじみ語った。

      大阪桜の宮にあったUMIプロダクション。
      監督の机はその窓に向かってデンと置かれており、
      窓からは満開の桜並木が見えた。

      「わしは桜になりたい…

      桜は偉いぞう!
      美しく花咲かす桜は、みなの憧れだ。

      しかし桜の地上に見えている部分の構成要素はたった3種類。
      それに引き換え土中に大きく広がる根の部分位には24元素もあるだぞ…

      いいか、桜の見える部分を支えているのはその何倍もの隠れた部分あってこそ
      美しく花を咲かせるだ。

      人間のように虚勢もはらず主張もせず、一年じっとだまって努力して
      必ず毎年花を咲かす…

      わしなんてこんなに努力しているのにちっとも花が咲かんわい…

      お前も桜のようになりたければ、目に見える部分以外を精進しろ。
      本分を精進するのはプロならば当たり前、
      桜のような大きな根を張ることは、得意な本業の何倍も他の部分の努力に
      汗を流すという事だ。」

      僕はそれまで自分の技を磨く事だけに専念してその努力に関しては
      誰にも負けない自負があった。

      今、僕が、難民支援や、様々な社会問題にアーティストとして取り組むようになったのはこの監督の「桜のお話」の影響が大なのだ。

      今回のご縁は僕にとってもまた、初心に戻って新たな努力をするご縁をいただいた気がした。

      僕も桜にあやかって、不断の努力と精進を様々な分野で練り上げて
      自分を磨き、見事な花を咲かせられるように努力しよう!!

      それを学ぶために僕は1000年の桜のために踊ろう…

      大きな節目を迎えようとしている偉大な桜の意思を受け継ぐために…

      PS
      次回、僕の毎月第1土曜日の定期公演LOGOシリーズは、天然芸術研究所の改装工事のためお休みになります。
      そのかわりではないのですが4月の第1金曜日、丹波でこの舞をご奉納させてもらいます。

      http://d.hatena.ne.jp/dancingjun/20150322

      | パフォーマンス | 18:29 | comments(0) | trackbacks(0) |
      スポンサーサイト
      0
        | - | 18:29 | - | - |
        コメント
        コメントする









        この記事のトラックバックURL
        http://junjugem.jugem.jp/trackback/306
        トラックバック
        CALENDAR
        S M T W T F S
           1234
        567891011
        12131415161718
        19202122232425
        2627282930  
        << November 2017 >>
        PR
        SELECTED ENTRIES
        CATEGORIES
        ARCHIVES
        RECENT COMMENT
        RECENT TRACKBACK
        Twitter
        facebook like box
        モバイル
        qrcode
        LINKS
        PROFILE