JUNgem

ARTIST からEARTISTへ
ライフワーク「EART」を求めて発展途上
パフォーマーJUNの公式ブログサイト
<< ゆるやかに、いつのまにか… | main | 倍音なやつら! >>
スポンサーサイト
0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    | - | | - | - |
    少なくて豊かなもの
    0
      今日は扇町クリエイティブカレッジ!夏講座での講演に行ってきた。
      今大阪でHOTな町である「堀江・中崎町最前線」という事でトークライブ。

      佐々木傑三氏 (堀江ヴェスティブル) とご一緒させてもらった。
      アメリカ村、船場、堀江、空堀、中崎町・・・
      若い人たちによるショップの出店をきっかけにエリアが活性化する、
      ということが大阪ではこの30年ほどの間に起ってきている。

      堀江と中崎町の現場からみえてくるまちづくりの実際についてコメントするのだが本来僕がそんな大それた事をコメントする立場にはない。
      ただ僕を通して感じる事を精一杯お話した。
      正しいかどうかは、わからないが、目一杯、真剣に努力していることだけは自信がある。
      そんな男のたわごとを真剣に取り上げてくださった。佐々木さん、山納さん
      ありがとう!

      人数は他の講座より少ないというような話を聞いたが
      こういう講演会は特に人数ではないから全然平気。
      コアな人とお会いして中身の濃い話ができたら本望だ。

      できたらディスカッションの時間を多く取れたらいいなあと考えていた。
      内容はとてもリラックスした感じであっという間に一時間半がすぎてしまった。

      結果、すごく本質的な根幹にある精神性みたいな所にも少し触れる事もできた。
      最後の質疑応答は人生相談的な所もあったが、僕の思いはお伝えした。

      ただ、こういうトークライブでは、その場限りの場合が多く
      いつもコアな人たちと折角出会えたのにいつもその後、
      継続的なお付き合いにはなりにくかった。

      こういう講演会に来ることが目的に
      なってしまっている方があまりに多いように感じる。

      勉強は大切だけど、始まらなければ進歩もない。
      まず今できる事を動いてから、こういう勉強会に参加する
      人が増えればいいなあ。

      それにも関連してだけど、世間では、
      受講者の人数が講演会の評価になるのは本当に意味がない!
      参加者の一人が本当に、迷いや疑問のヒントを得られれば、
      それはいい出会いだし、大成功!そしてそれがその講座の評価だと思う!

      少なくてもいい!
      ささやかな変革を心の中で持てる人が、数人ずつつながるほうが
      世界は確実に変わるのだ!!

      バマー

      AManTo天然芸術研究所
      | パフォーマンス | 23:48 | comments(2) | trackbacks(0) |
      スポンサーサイト
      0
        | - | 23:48 | - | - |
        コメント
        返事が大変遅れまして申し訳ございません。
        ようやく書くことができるようになりました。

        今、人生迷いっぱなしです。(^^;;
        つぎ、いつお会いできるかわかりませんが、
        今感じていることなど、詳しくはそのうちに。。。

        ちょうど今日昼間、天人にいって
        うつしべさん達の写真を見ました。
        ソラチネブルーや止まった時間など、皆さん凝ってますね。
        いい時間をご提供いただき、ありがとうございました。
        | おだ | 2004/10/01 12:18 AM |
        ありがとうございます!

        感じ感じあい共有しましょう!

        mata auhimade!

        ココにはいつでも遊びにきてください!

        待ってます!
        | JUN | 2004/10/05 12:24 AM |
        コメントする









        この記事のトラックバックURL
        http://junjugem.jugem.jp/trackback/28
        トラックバック
        CALENDAR
        S M T W T F S
             12
        3456789
        10111213141516
        17181920212223
        24252627282930
        31      
        << December 2017 >>
        PR
        SELECTED ENTRIES
        CATEGORIES
        ARCHIVES
        RECENT COMMENT
        RECENT TRACKBACK
        Twitter
        facebook like box
        モバイル
        qrcode
        LINKS
        PROFILE