JUNgem

ARTIST からEARTISTへ
ライフワーク「EART」を求めて発展途上
パフォーマーJUNの公式ブログサイト
スポンサーサイト
0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    | - | | - | - |
    孫一祭…しってる?
    0
      孫一祭
      中崎町が戦前の姿のまま残っている町だと言っても、
      いつまでもそのままの姿だとは限らない…
      古き良き者を残しその上に新しい文化を育んでいく…
      そんな事に映画や映像がリンクして貢献できていかないだろうか…

      そう思って僕ら天人グループも自主映画専門の映画館を作ったり、
      映像制作をしている人を支援するボランティア団体「天影公司」を作った。
      この町で映画を作って、この町並みを生かして町おこしをしようというわけだ。

      映画という産業が、公共事業のかわりに村おこし町づくりに寄与できないかという
      僕らの想いは、多くのクリエイターが同じ考えを持っているらしく
      同じ感性を持った仲間が自然発生的に繋がってきている。

      そう、各地で映像つながりの仲間が日本の骨太文化を育むために
      大活躍しているのだ。

      そんな中、僕が陰ながら応援されてもらっている和歌山の「雑賀孫市まつり」も、
      おすすめの活動の一つだ。

      僕もタイミングを合わせて是非のぞかせてもらおうと思っている。
      皆さんもいらしてみませんか?

      友人の女優の七海薫子ちゃんから
      以下はその詳細です。



      「第六回孫市祭 開催決定!」
       
      雑賀孫市まつり〜歩いて楽しく過ごせる城まち〜
      2010年3/28(日) 11:00 〜16:00
      本願寺鷺森別院(南海和歌山市駅・JR和歌山駅)
      後援:和歌山県、和歌山市、和歌山市教育委員会、和歌山県観光連盟、和歌山市
      観光協会
      協力:城北地区連合自治会
       
      
      《戦国最強の鉄砲集団率いる雑賀孫市》
      戦国時代の紀州を生き抜いた、雑賀孫市という人物がいます。
      本名を鈴木孫一重秀。
      当時、和歌山市から海南市にかけては雑賀惣国とよばれ5つの国に分かれており
      、この雑賀衆のリーダーの一人が、この「雑賀孫市」なのです。
      孫市を一言で表現すると、あの、”織田信長を打ち負かした男” でしょう!
      石山本願寺と織田軍との戦争で、孫市は雑賀衆とともに、数多くの鉄砲を使った
      集団戦法で織田軍相手に勝利するのですから、その鉄砲技術・的中率たるは相当
      なものだったと思われます。
      しかしその後信長は十万という大軍で攻め入ったため兵力の差がありすぎ、相談
      の上に孫市は信長に降伏を申し出ます。その後本願寺は敗北、孫市は信長権力の
      もとで活動を続け、同じ雑賀衆の土橋氏を暗殺し雑賀の実権を握ります。
      しかし本能寺の変で信長が討たれ、土橋派に逆襲をうけた孫市は、紀州を離れ二
      度と戻らなかったといわれています。
      その後は、兄である孫市郎義兼が燃えた平井城の後継者となり、その子、孫三郎
      重朝が父の意志をつぎ、戦国時代が終わってからは、水戸徳川家に仕官し、代々
      雑賀孫市と名乗ったそうです。孫市がたくさんでてきて混乱しますが、本来英雄
      とされている孫市は、孫一ともかき、兄弟のなかでは、末っ子で、天正12年頃に
      は豊臣秀吉の鉄砲隊長になったとありますが、その後の消息は不明です。
      
      以上が歴史的背景ではありますが、これまで孫市を題材としてつくられた作品の
      数々には 孫市は、”何者にも束縛されない自由人”というキャラクターとして
      認識されているようです。
       
      そんな孫市と雑賀衆をテーマに町おこし活動をしていらっしゃる「孫市の会」会
      長・森下幸生さん。
      孫市を和歌山のニューヒーローに!という夢をもとに孫市まつりを開催され今年
      で第六回目を迎えられます。
      
      森下会長の思いは、雑賀孫市を、決して『付け焼刃のヒーローにはしたくない』
      ということ・そして市民の心にかつての雑賀衆としての意識を根付かせていける
      よう 『じっくりと本物をつくりあげて 和歌山市復興に火がつくチャンスを待
      つ』、、 、ということをおっしゃられています。
      そう、森下さんが企てていらっしゃるのは 雑賀孫市をテーマにゼロからつくりあ
      げる町おこしであり ”心おこし”なのだということに とても感銘を受けまし
      た。
      
      そんな私(七海)も、和歌山の血が流れています。父方が代々和歌山の人間なの
      で、 寂れたシャッター街が少し目立つ和歌山市を、少しでも興したい! とい
      う活動に微力ながらお手伝いがしたいと申し出た次第です。
      
      でもね、それはさておき、わたし、毎年帰省する和歌山市の、雰囲気、とてもホ
      ッとして癒されるんです。どこにもない雰囲気、心が落ち着くのです。
      大阪の難波から、南海線にのり、和歌山までいくと、南海和歌山市駅前は、広く
      ひらけていて、いつもまっていてくれたかのよう!
      そこから私は、スポーツシューズに履き替えて、テクテク歩きます。和歌山城ま
      で歩き、そこから雑賀崎までてくてく、てくてく、歩くのが好きなんです。ここ
      からの夕日は日本一やと思います!
      
      今回孫市祭りに参加するメンバーをご紹介致したいと思います。
       
      
      ☆ザ・ビート(ロックバンド)
      ボーカルの岡村康司さんは、孫市を和歌山のニューヒーローに!という共通の夢
      を持った森下さんと意気投合し、『よみがえれ孫市』という曲が生まれました。
      当日はこの『よみがえれ孫市』ほか『雑賀の孫市』などのライブがご覧いただけ
      ます!また、今年は同日に発売される新曲『天下にやたがらす』の発売記念ライ
      ブにもなります。お楽しみに!
       
      ☆中野広之さん(京都市まちづくり塾 塾長)
      行政のイベントや学校機関にて、数々のイベントや時代劇の舞台を演出。
      また地方活性化のために地上波地方テレビにて連続ドラマをプロデュース。
      当日はシンポジウムとして、長年京都市におけるまちづくり事業に携わってきた
      中野さんならではのコーディネートと、野外劇の演出をしていただきます。また
      、中野監督自身が、森下会長とともにカメラを回された、雑賀衆ドキュメンタリ
      ーも上映します。
      
      中野広之監督作品:千代姫戦鬼第一巻(2003/12TSUTAYAレンタル開始)
      剣客魔界伝バァンパイアーハンター連続13話(2006、サンテレビにて放映)
      ニッセンのWEB用のコマーシャルを多数監督されたり、アイドルプロモーションビ
      デオでは、全国売り上げベストテンにも入られるカメラマンでもあります。 
      
      ☆剣誠団
      野外劇「戦国のガンマン雑賀孫市」の舞台を行います。
      立ち回りのプロである剣誠団の皆様が殺陣を披露してくれます。メンバーは全て
      東映京都撮影所で厳しい訓練を受けた猛者たち!各学校機関、老人ホームを中心
      に活動を展開しています。
       
      ☆安藤匡史さん
      俳優。代表作『見習い同心安藤源四郎』主役。去年より孫市まつりの甲冑行列に
      参加しています。
       
      ☆七海薫子(本名 小谷口薫)
      第六回孫市まつり総合司会。
      2003年京都市まちづくり塾イメージガール
      2005年より「テレビ埼玉」でスポーツ情報番組のリポーターやアシスタントキャ
      スター等を務める。現在数々の大手CMや時代劇に出演し女優活動を展開中。
       
      ‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐ 
      孫市まつりでは、その他、雑賀孫市キャラクター<まごりん>率いる”歴キャラ”
      サミット、雑賀衆鉄砲演武、雑賀衆武者行列も行います。鉄砲演武では、当時と
      同じ種類の火薬で戦国時代さながらの迫力ある火縄銃の轟音が楽しめます。
      歴史好きな方、コスプレ好きな方、こぞってご参加ください!
      3月28日 日曜日、和歌山でお待ちしていますー
        (文・七海薫子)
      | 自主映画 | 15:47 | comments(0) | trackbacks(0) |
      フランケン来る
      0
        最近天人に
        フランケンシュタインがきているらしい・・・・

        うわさの真相は?
        | 自主映画 | 15:56 | comments(0) | trackbacks(0) |
        ミナミ芸術祭と自主映画
        0
          吉川丹波
          今日はミナミ芸術祭に行ってきた。
          いつもの騒々しいアメ村は僕の生まれ育った町だ。
          40年ほどまえから、心斎橋でブティックが出来ない人と
          難波で飲食店ができない人が、その中間の場所に若者の町を作ったと先輩に聞いた。

          それがアメリカ村と呼ばれるようになったらしい。
          僕が子供の頃は殆ど古着が中心で、皆趣味に走った想い想いの手作りの店が多かった。
          僕は彼らにファッションの知識を学んだ。
          古着のよしあし。ビンテージものの見方etc…。

          しかし、今は古着屋を見つけるほうが難しい。
          ほどんどが売れ筋をうる量産店ばかり。
          どんなど派手でも皆同じ格好をしている。
          自分の主張ではなく、明らかにファッション誌の影響だろう。

          景観も変わった。
          今ではビックステップが小学校だったとは信じられない。
          あれができてからガラッと町の雰囲気が変わった。
          (三角公園なんか本当にブランコや滑り台がある児童公園だった…ゴミだらけだったけど…)

          大資本が入ってきて、ブランド物をうり、個性と古着の知識ではなく、
          在庫と倉庫の大きなショップが勝つ町になった。

          ミナミ芸術祭はそんなアメ村を含め堀江や心斎橋、難波あたりまで含めた
          大きな範囲で行われている。しかし…あまり盛り上がっているようには見えなかった。町全体で認知されているとは思えない。
          局所局所では人が集まっているが、それはいつもとさほど変わらない。
          宣伝不足が原因だろう。町全体で取り組んでいる感はない…。

          さてさて、今日のお目当ては、吉川監督のGood Morning Good Days の上映を見ることだ。(僕もチンピラ役で出演してる)


          場所は雑居ビルの梯子のような急階段を上った3階にある複眼ギャラリーである。

          狭い会場のせいもあるが、超満員。座るところもないぐらい。
          イベントは「映像CAFE」という自主映画上映会だ。月一回やってるらしい。

          イベントが終わると、助監の丹波も駆けつけてくれた。
          その後3人で次回作の悪巧み…。

          吉川監督のGood Morning Good Daysは、天影公司(ten-ei con-su)という映像支援クループの協力で作られた映画だ。

          CAFEである天人はあらゆるジャンルのアーティストが溜まっている。
          映画という総合芸術は皆が絡める、ある意味、皆の宣伝材料として自主映画をつくろうというのだ。そして有志があつまり天影公司(ten-ei con-su)は生まれた。


          3人が向かった先は、たこたこハウス。たこ焼きつまみながら一杯やれる小さな店、そこで脚本を読ませてもらう。
          今回はロードムービーらしい。
          内容は詳しくまだ明かせないけど、一言だけ、地平線を探しにいく話。

          実はこの企画、東京で頑張っている浩志へのエールを込めた作品。
          浩志はGood Morning Good Daysの主演で脚本家。この映画の撮影の後、「ロボコン」や「まぶだち」の古厩智之監督の下、脚本の勉強のため、会社をやめて、彼の学校に旅立っていったのだ。

          そして今、卒業制作の準備中。脚本クラス全員で映画をとれるのは一人、俳優クラスなどなど含め、皆の投票で最優秀脚本を映画化する。
          これも内容は秘密だけど「あわびを海に返しに行く話」らしい。

          なんと彼はその最優秀脚本家に選ばれたのだ。
          あの、めったに褒めない古厩智之監督に「イイネ。」
          と褒められたんだって!スゴイ!

          そうと聞いては、こちらも、黙ってはいられん!丹波君と、ヨッシー事、吉川監督は立ち上がったというわけだ。

          僕の役割は、制作とキャスティング。
          監督のイメージを聞いて、役者や音楽担当のバンド、歌手を
          リストアップするその中から、監督が決定していく。

          毎週金曜日の夜は、なんとなく映画ずきな人が天人に集まる日。

          その時までに、今日3人で行った脚本検討会の内容をつめて、最終稿をヨッシーが書き直してくる。

          僕は音楽と役者をリストアップしていく。

          題名もまだないこの作品、ヨッシーは自主映画の域を一歩でた作品にしたいとか…。

          僕もサポート頑張ります!

          あっ興味ある人是非連絡ください!一緒にやしませんか?



          バマー

          AManTo天然芸術研究所
          | 自主映画 | 06:00 | comments(4) | trackbacks(0) |
          CALENDAR
          S M T W T F S
                1
          2345678
          9101112131415
          16171819202122
          23242526272829
          30      
          << April 2017 >>
          PR
          SELECTED ENTRIES
          CATEGORIES
          ARCHIVES
          RECENT COMMENT
          RECENT TRACKBACK
          Twitter
          facebook like box
          モバイル
          qrcode
          LINKS
          PROFILE